C55 40代の資産運用,投資ブログ 

米国株を中心に,40代の資産運用,投資について書いています

MO アルトリアからの配当金.PMへの乗り換えは慎重に

MO アルトリアからの配当金

C55がいただける配当銘柄の中で,稼ぎ頭であるアルトリア(MO)から配当金をいただきました.

 

3ヶ月前はPMへの乗り換えを検討していましたが,結局なにもしませんでした.

 

正解だったのか,PMに乗り換えた方が良かったのか? を振り返って見たいと思います.

 

 

 

MOからの配当金

C55

              特定口座  600株 

    一般口座  500株 

    合計   1100株

 

C55の妻

            NISA口座    135株 

 

1株あたり0.61 ドルの配当でした.

 

C55 481.25 ドル 

妻      74.11 ドル

合計 555.36 ドル(税引き後)

 

3ヶ月前と比較

4月に配当金をいただいたときの記事です.

MOの一部をPMに買い換えようか?と考えていました.

MOとPMとの比較

f:id:cgogohero:20170722214550p:plain

 

4月までのPMの株価上昇を見ていると,MOを一部売却しPMに乗り換えたほうがいいのかも? と思っていましたが,結果的には,PMの勢いはなくなり落ち着きました.

 

MOには含み益があり,一部を売却したとしたら譲渡益に対して源泉徴収がかかります.

 

100万円分売却したら,手元には100万円残りません.

 

源泉徴収された分だけ資産が減り,減った額でPMに乗り換えたとしたら,受取配当も減ります.

 

検証

1.100万円分のMO株を売却しPMに乗り換えたら

実際には,現在MOでは40%ほどの含み益がありますので,

100万円分売却するとその内訳は,

元本 71 万円

利益 29 万円

 

この利益 29万円から約20%の税金が源泉徴収されるので,

29万円 × 0.8 = 23.2万円

 

71 + 23.2 = 94.2万円

 

100万円受け取るはずが,

94万円に減ってしまいます.

 

6%の減額となります.

 

94.2 万円をPMに再投資していたとすると

94.2 万円 × 1.06 = 99.9 万円

 

2.100万円分のMOをホールドしていたら?

100万円分のMOを売却せずにホールドしていたら,

100 万円 × 1.03 = 103万円

 

結果

結果的にはPMへの一部乗り換えをしなくて正解だったということになります.

 

ちなみにこの期間中のそれぞれの株の最高値は

MO 77.79 ドル(+9%)

PM 123.55 ドル (+9%)

最高値で計算すると差はもう少し広がります.

 

まとめ

利益がのっている株価を売却すると,特定口座であれば税金が源泉徴収され,結果的に再投資額が減ります.

 

譲渡益の額によりますが,乗り換え先のパフォーマンスが芳しくないと結果的に損をする可能性があります.

 

売却前にどれくらいの額が源泉徴収され,いくら再投資できるのか?

源泉徴収額を上回るパフォーマンスが得られるのか?

 

よ〜く考えて行動しなければならないと思います.