C55 40代の資産運用,投資ブログ 

米国株を中心に,40代の資産運用,投資について書いています

バフェット IBM株売却に関しての補足

バークシャーのIBM株売却に関して,保有報告書に基づいて記事を書きましたが,補足します.

 

昨日の記事,

バフェットはIBM株を順調に売却しています.ウエルズファーゴにも注意が必要です. - C55 40代の資産運用,投資ブログ

 

タイトルの「バフェットはIBM株を順調に売却しています」に関して,捉えようによっては誤った情報となってしまう可能性があります.

 

その理由は,記事の中でも少し触れていますが,保有報告と実際の売買の間のタイムラグに起因すると思われます.

 

今回,補足させていただこうと思います.

 

f:id:cgogohero:20170828113553p:plain

 

 

矛盾あり?なし?

保有報告書では,

2017Q1で20%

2017Q2でさらに16%

の売却が記されています.

 

今回の2017Q2の報告書の数字からは,

最大保有数の66%となっている.

つまり3分の1を売却した状態であることが確認できます.

 

保有報告書に基づいて表現すれば,

C55が書いたブログのタイトル

「バフェットはIBM株を順調に売却しています」

矛盾していません

 

しかし,2017年5月に大きなニュースとなった

「IBM株 30%売却」以降,

さらに売却を進めているか? という点に関しては,

 

今回の報告書からは「ない」との結論になり,

「バフェットはIBM株を順調に売却しています」は

矛盾していることになります.

 

 

正しい表現

この報告書と売買動向の解離点については,

リョウスケさんが,ブログで指摘しています.

バフェットがIBM株の保有比率を更に下げたの!? 5月以降は売ってないんじゃない? - リョウスケが米国株で億万長者を目指す

 

さすがに鋭いですね.

読んで,違和感が解消されました.

 

さらに

バフェット研究家として有名な,東条雅彦さんも

バフェットがIBM株を一段と売却?日経新聞の報道姿勢にモノ申す!|ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資

この記事の中で,時系列を明らかにしていただいています.

 

やはり,報告書の発表と,実際の売買を発表した時期とのタイムラグが存在するようです.

記事の書き方,情報の伝え方,とらえ方によっては,誤った情報となってしまう可能性があることが分かりました.

 

 

まとめてみると

事実関係をまとめると,

  • 2017Q2の保有報告書にて,2017Q2の期間にもIBM株の売却を進めた
  • バークシャーが保有するIBM株は66%になった
  • 「IBM株 3分の1売却」が確認された

という結論となります.

 

 

IBM株の今後について

C55は,”のんけ” もとい,”ノンホル” です.

 

東条氏は,

「バフェットはこれ以上、IBM株のポジション調整を進める意思がない」

に一票を投じています.

 

C55は,かつてのWMT,T,PG,KMI,VZ

そして,今回のGEがそうであったように,

「バフェットは今後も、IBM株のポジション調整を進める」

に一票を投じたいと思います.

 

ただし,「今後もIBMの悪決算が持続するならば」の一言を付け加えて,外れた場合の言い訳の余地を確保しておきたいと思います.

 

 

今回の内容を,2017年8月16日のなかでも追記しました.

http://www.c55hero.com/entry/berksher2017q2

 

 

バフェット関連記事

バフェットが見限った株の取り扱いについて

www.c55hero.com

 捨てられたAT&T

www.c55hero.com