40代の資産運用,投資ブログ 

米国株を中心に,40代の資産運用,投資について書いています

アルトリア(MO)から配当金.次回はさらに増配されるぞ!?

C55は,アルトリア(MO)と日本たばこ産業(2914)の2つのタバコ関連銘柄を保有しています.

 

両銘柄とも,タバコ業界に吹き荒れる向かい風のため,株価は低迷しています.

 

期待される電子タバコも,減少する紙巻きタバコの需要を補えていないようで・・・.回復のきっかけがつかめていません.

 

しかし,株価の低迷を尻目に,配当は順調に成長しています.

 

MOは連続増配銘柄として有名ですが,2018年は2回の増配が行われるかもしれません.

太っ腹かもしれないアルトリアから配当金をいただきました.

(今回の記事は以前の記事の焼き直しです)

 

 

 

MOからの配当金

1株あたり 0.7ドル

 

C55の一般口座   500株 

C55妻のNISA口座 135株 

 

合計 336.08ドル(税引き後) 

 

MOの配当履歴

2018年2回目の増配? 

いったいどういう意味なのか,MOのこれまでの配当履歴を振り返ってみます.

 

2013年から四半期ごとの配当額の推移を示した図となります.

f:id:cgogohero:20180416154507p:plain

 

色分けされて分かるとおり,MOは毎年9月の配当権利落ち分から増配されています.

 

しかし,今回は2018年3月14日権利落ち分からの増配されています.

 

また右の赤字の%で示した数字は,増配率です.

例年,8-9%の増配率が続いていましたが,今回に関しては

0.66 → 0.70 ドル

増配率は6%にとどまっています.

 

3月の増配に関しては

  • 時期が9月ではなく3月
  • 増配率が若干低く6%

以上の2点がいつもと違っています.

 

増配の時期の違い

  1. 過去に同様のことがあったのか?
  2. あったなら,9月の増配はどうなったのか?

 

調べて見ました.

 

直近では,赤線で囲った部分,2010年に同様の事がありました.

f:id:cgogohero:20180416160140p:plain

3月の権利落ち分で増配されていますが,注目すべきは,9月の権利落ち分でも増配されている点です.

 

年2回増配されています

 

0.34  → 0.35 ドル 3%

0.35 →  0.38 ドル 8.5%

0.34  → 0.38 ドル 12%

 

2009年9月と2010年9月で比較すると

12%の増配となっています.

 

増配理由

Today's dividend increase reflects Altria's intention to return a large amount of cash to shareholders in the form of dividends and is consistent with Altria's dividend payout ratio target of approximately 80% of its adjusted diluted earnings per share. Altria has increased its dividend 52 times in the past 49 years.

利益の伸びと,減税が追い風となり,目標とするpay out ratio (80%)を下回ったため増配を行ったようです.

 

つまり,業績が良かったから途中から増配しました,ということです.

 

過去49年間で52回の増配を行ってきたとのことですので,珍しい出来事であると思います.

 

 

まとめ

アルトリア(MO)は3月に増配していますが,これは異例なことです.

 

今回の増配の理由は潤沢なキャッシュに基づくものであるため,今年も9月の増配が期待できます.

 

2018年9月の配当は,2018年8月23日に発表予定です(現地時間ですよ).

注目です.