C55 40代の資産運用,投資ブログ 

米国株を中心に,40代の資産運用,投資について書いています

これが魅力.5%の増配でも配当利率はたったの2.5%. 米国株鉄板銘柄JNJから配当金.

増配にもかかわらず配当利率はたったの2.5%. JNJから配当金

米国株投資の鉄板銘柄の一つであるJNJから配当金をいただきました.

 

今回の配当分から5%増配されています.

増配にもかかわらず,配当利回りはたったの2.5%で,昨年よりも低下しています.

 

矛盾しているようですが,これがJNJの最大の魅力です.

 

f:id:cgogohero:20170619205023p:plain

 

 

Johnson & Johnson

配当

今回いただいた配当金は

1株あたり 0.84 ドル

NISA口座 67 株分 50.65 ドル

一般口座 600 株分 361.47 ドル

合計 412.12 ドルでした.

 

株価

2017年6月16日終値

1株 134.35 ドル

配当  3.36 ドル

利回り  2.5 %

 

損益

C55家の保有する米国株式の損益状況です.

f:id:cgogohero:20170619203337p:plain

米国株投資を開始したのが2012年からです.

2012~ 2013年の期間に,JNJをまとめ買いしていますので,5年で1.5倍となっています.

 

KOやPGをメインにしなくて良かった・・・.

 

JNJ株価チャート

JNJのここ5年間の株価チャートをyahoo financeから引用しました.

f:id:cgogohero:20170619203828p:plain

 

いつみても美しい

 

魅力は?

毎年毎年,50年以上連続で増配をしてくれています.

にもかかわらず配当利回りが低下しているのは,株価が上昇しているためです.

当然ですよね.

 

株価の上昇率が増配率を上回るため,増配しても利回りが高くならない.

 

うれしい悲鳴です.

 

まとめ

いつでも,いくらでも追加購入したい銘柄です.

 

しかし,ポートフォリをのバランスを考えると,さらに買い増しは難しいです.

 

しかし,JNJと同じように配当貴族の中で利回りが低い銘柄は,株価の上昇によるキャピタルゲインも得られる可能性が高く,今度探してみます.