40代の資産運用,投資ブログ 

米国株を中心に,40代の資産運用,投資について書いています

Target Corporation (TGT) 決算発表 実際に買い物した感想

Target Corporation (TGT)  実際に買い物した感想

連続増配が魅力のターゲットですが,このところの業績は振るいません.

実際にはどんな状況なのでしょうか?

 
C55は昨年後半の数ヶ月間,仕事の関係でアメリカで生活をしていました.
 
渡米前には連続増配銘柄としてTGTも投資の対象に考えていたため,現状を見るために,実際店舗に行って買い物をしました.

 

 

 

f:id:cgogohero:20170301224514p:plain

 

 

 

Target

Targetとは?

TARGET(ターゲット)は米国で大型ディスカウントストアチェーン「ターゲット」と「スーパー・ターゲット」を展開。自社クレジットカードの発行、「Target.com」にてオンライン販売も行う。「ターゲット」は家電、キッチン用品、衣類などの生活用品のほか非生鮮食料品を扱い、「スーパー・ターゲット」は生活用品と生鮮食品を含む食料品を取り扱う。
(ヤフーファイナンスより引用)
 

どんな店?

日本で言えば,イオンやイトーヨーカドーの様な感じです.
大きな平屋の店舗に,食品,日用品,衣料品,電化製品など全ての物がそろっています.
 
総合スーパー(GMS)の様なイメージです.
 
価格的には,Wal Mart (WMT)よりも高価ですが,高級品ではありません.
専門店ほどの品揃えもなく,価格優位性も無く,商品の品質もそれなりといったところです.
 

スーパーは?

安さではWMTの方が安い印象です.
 
Trader Joe’sやWhole Foodsのような,昨今アメリカではやっているオーガニック系の商品に力を入れているわけでもなく,Safe WayやWhole Foodsのように総菜の販売(中食)的な売り場もわずかです(夕飯を買いに行って落胆してWhole Foodsへ行きました).
Publixと同様の印象です.

客入りは?

毎日通った訳ではないですし,ずっと駐車場で観察していたわけではありませんが,C55が買い物に行ったときには,
 
いつもすいていました.
 

総合的には?

中途半端です.
 
近くにあれば行くけれど,買い物に目的があるのならTargetには行かずに専門店に行くと思います.
 
スーパーならTrader Joe’sやWhole Foods,Safewayの方が魅力的で楽しい.
 
Trader Joe’sWhole FoodsSafewayPublixなどのライバルと比べると特徴が無く,勝負できる部分がない.
 
ただし,スーパーマーケットは個人の好みがはっきり出ます.
アメリカの友人らに「どこのスーパーで買い物したらいい?」と質問したところ,
あそこが良いとか,あそこは高いからこっちへ行けとか議論となり,結局まとまりませんでした
(しかしWMTはやめとけと言われました.安いので何回か行きましたが・・・)

 

Target の決算

決算発表では,売上高,EPS,ガイダンスともダメダメで,結果大きく株価が下落しました.
 
この1年のチャートを貼り付けます(yahoo financeより引用).

f:id:cgogohero:20170301224624p:plain 

チャートの一番右端,

8.14ドル (12.17%) 下落です.

 

Chief ExecutiveのBrian Cornellは,今後低価格商品と百店舗程度の再編のために数十億ドルの投資を行うことを約束しました.

 

投資方針

一株配当   2.40ドル

配当利回り  4.08%

 

配当利回りは魅力的な水準になってきましたが,低価格商品への投資を増やすとのことでWMTの顧客などをターゲットにしているのでしょうか? 

WMTも苦戦を強いられている中で,大丈夫なのでしょうか?

小売業界全体に当てはまることですが,Amazonとの競争も激しさを増してきます.まさしく日本のGMSと同じ状況です.

 

財務状況は健全で連続増配銘柄であり,配当利回りも魅力的な水準になっていますが,今後の成長が見えてこない,たこ足配当から減配への可能性もあります.

 

投資は見送ります.

 

といいましても,一個人がわずかな期間,一地方都市で経験したことです.

ホルダーの方にとってはネガティブな内容になってしまいました.

スミマセン

 

投資にあたっては自己責任でお願いします.

 

時間を見つけて,他の会社に関しても感想を書いていきたいです.

 

開示:今回登場した銘柄は全て保有無し