40代の資産運用,投資ブログ 

米国株を中心に,40代の資産運用,投資について書いています

大坂なおみ選手の「I'm sorry.」発言.謝罪「apologize」のようです.

先日,テニスの4大大会(グランドスラム)のひとつである全米オープンで,大坂なおみ選手が見事優勝しました.

 

とてもめでたい事ですが,「日本人初」をことさら強調したり,たどたどしい日本語をネタにハーフ芸人的に扱ったりする報道姿勢には興ざめする部分があります.

 

日本人でなくてもグランドスラムで優勝することは快挙であることは間違いなく,20歳という年齢からも,今後数年に渡って活躍が期待されます.スポーツニュースで流れるプレーを見ると,グランドスラム制覇も夢ではなさそうです.

 

さて,優勝インタビューでのある発言が大論争になっています.いろいろな意見があるかとは思いますが,結論がでたようなので紹介します.

f:id:cgogohero:20180913115055p:plain

 

 

I'm sorry.

お祝いムードのなか,大坂選手の発言が話題になっています.

「I'm sorry it had to end like this. :このような結末となってしまって,I'm sorry.」

 

この「I'm sorry」の解釈を巡って,

「ごめんなさいと謝罪した」,

いや「残念だった」と訳すべきだ.

 

大論争が起こっています.

 

この発言が出たことと,この発言が話題になったことの背景には,決勝戦の相手であるセリーナ・ウィリアムズの存在があります.

 

セリーナは言わずと知れた女子テニス界の絶対王者で,過去に4大大会のシングルスで23回も優勝(豪 7, 仏 3, 英 7, 米 6)しています.

 

2017年に妊娠,出産し,2018年から復帰しました.さらっと出産したと書きましたが,実際には母子ともに大変だったようです.

(出典:Wikipedia)

セリーナ・ウィリアムズ - Wikipedia

 

先に行われた,全仏,全英では結果が出ませんでしたが,困難な出産を母子ともに乗り越え,母として参加する地元開催の全米オープンで,グランドスラム復活優勝を遂げるというストーリーが描かれ,大会前から大々的にキャンペーンがはられていたようです.

 

一方の大坂選手にとっては,セリーナはあこがれの選手です.対戦が決まった際のインタビューでセリーナへのメッセージを求められ「大好き」と答えるぐらいでした.会場のセリーナの復活優勝を期待する雰囲気も感じていたようです.

 

決勝戦の内容は皆さんのご存じの通り,セリーナの癇癪が爆発し,ラケットをたたきつけ破壊したり,試合終了後に審判と握手するどころか怒鳴りちらすという後味の悪い物となりました.

さらには,表彰式で観客からブーイングの嵐(このブーイングの解釈もいろいろ議論があるようです).

 

このような背景のなかでの「I'm sorry.」発言でした.

 

謝罪「apologize」

「I'm sorry」の解釈をめぐって,

「謝罪した」,

「勝って,ごめんなさい」

「こんな終わり方になって残念だ」

「荒れた試合となって,さみしい」

 

などと,いろいろと論争がありました.

 

「謝罪ではない」と解釈された吉原真里さんのブログが話題となり,大論争に.

Dot Com Lovers: USオープン ウィリアムズ=大坂 ドラマにみるマイノリティ女性選手の葛藤と連帯

コメント欄が200を越えています.

 

C55も,この「I'm sorry.」を聞いたとき,吉原さんに近い解釈をしていました.

謝罪の意ではなく,悲しみの気持ちや同情する気持ち,哀悼の意を表す"sorry"だろうと思いました.

 

しかし,結果は「謝罪:apologize」だったようです.

stress-free-english.net

貼り付けられたYouTubeの動画の中で本人が,

「And I felt like I had to apologize.」

と言っています.

 

「会場のみんなが期待した結果ではなかったので,謝らなければならないという気持ちだったから」

 

大岡越前の登場する間もなく,

 「これにて一見(?)落着」

 

今度は,あの場面で謝罪の言葉を口にすることの是非について議論が持ち上がりそうですが,純粋で正直な大坂なおみ選手の人柄が現れていて,好感がもてますね.

 

 

まとめ

I'm sorryの解釈を巡って,これだけの大論争が引き起こされるとは思いませんでした.

 

日本人だからという枠組みを取っ払って,純粋で正直な大坂なおみ選手を応援したいとおもいます.

 

どうでもいいけど,出川には「ソーリー,ソーリー」ではなく「エクスキューズ・ミー」を教えてあげた方がいいぞ.