C55 40代の資産運用,投資ブログ 

米国株を中心に,40代の資産運用,投資について書いています

格安SIM効果絶大!? 夫婦2人分の通信費を公開します.やはり端末代が鍵

格安SIM効果絶大!? 夫婦2人分の通信費を公開

格安SIMに変更して1年半が経過しました.

この4月からは子供の進学などがあり,使用回線の変更やプランの変更を行いました.

 

格安SIMにすると回線使用料が安くなるのは当然ですが,実際の通信費は安くなっているのでしょうか?

C55は5回線利用中なので,まとめて計算すると比較ができないと思いますので,夫婦2人分の通信費がいくらなのか確認してみました.

 

みなさんはいくらかかってますか?

 

f:id:cgogohero:20170608002527p:plain

 

 

回線利用料

使用しているデバイスとプラン

下の図が現在使用しているデバイスとプランとその基本料金です.

通話料金に関する追加プランには加入していません.

 

合計5回線使用しています.

 

f:id:cgogohero:20170322102722p:plain

 

実際の回線利用料(5回線分)

今月カードで請求が来た金額です.

 

IIJ mio  :  4,600 円

FREETEL:   690 円

合計:  5,290 円(税込み)

 

5回線使用してのこの料金です.

若干の通話料金が加算されているため,基本料金よりも130円ほど高くなっています.

それでもやはり,格安SIMの回線使用料は安い!

 

夫婦2人の回線使用料

 C55夫婦は,IIJ mioの3GB ミニマムスタートプラン(音声通話機能付き)オプション無しをそれぞれ利用しています.

IIJ mioに支払った4600円のうち子供スマホとC55のiPadの追加SIMの料金1,015円を差し引いた料金3,585 円が夫婦での通信量となります.

 

夫婦二人分の回線使用料 3,585 円

 

通信費

全体的な通信費を減らすためには?

格安SIMの回線利用料だけをもって,安くなった,大手キャリアは高いというのは,ある部分不公平です.

というのも大手キャリアの支払料金の中には多くの場合,端末代の分割料金が含まれているからです(実質は月々の端末代分割引されている)

 

通信費=回線利用料金+端末代

 

先のブログで示したように,通信費を安くするための心得は以下の4つです.

 

1.自分の使用状況を把握する

2.安い端末を手に入れる

3.安く端末を手に入れる

4.長く端末を使い続ける

 

いくら安いプランにしても,スマホ本体の価格を含めての通信費となるので,スマホ本体をいかに安く手に入れるか,長く使用して月単価を減らしていくかが鍵となります.

www.c55hero.com

スマホ代金の月単価

スマホの月単価です

 

2017年3月末時点

f:id:cgogohero:20170608001411p:plain

2017年5月末時点

f:id:cgogohero:20170608000805p:plain

 

2ヶ月で 2,300 円ほど下がってきています

長く使えば使うほど端末代の月単価は下がってきます.

www.c55hero.com

夫婦2人の通信費

夫婦2人分の通信費を単純に計算すると

 

回線使用料:3,585 円

iPhone SE::5,580 円

iPhone 6:    4,235 円

合計 13,400 円

 

Soft Bank時代に支払っていた月 20,000 円を考えれば安くなったいますが,

まだビミョーな値段ですね.

 

やはり端末代金の月単価が通信費を決めています.

 

まとめ

通信費を安くするには,格安SIMに変更するとともに,スマホの端末代をいかに安く入手し,長期に使っていくかが鍵になります.

今後も今保有するiPhoneを大事に長く使って,本当の意味での通信費の削減を図って行きたいと思います.