C55 40代の資産運用,投資ブログ 

米国株を中心に,40代の資産運用,投資について書いています

ポートフォリオのセクター別分散度を確認してみた

ポートフォリオのセクター別分散度を確認してみた

皆さんは,セクター別の分散をしていますか?

その分散の比率のモデルは何ですか?

 

これまで,いわば適当に,その場の雰囲気で米国株を買ってきました.

それでも投資開始時期が良かったのか,勘が冴えていたのか,それなりのリターンを得られています.

 

長期投資を考えると,

「そろそろポートフォリオのセクター別バランスについても考えなければならない」

と思うようになりました.

 

しかし,セクター別のベストな割合は?と聞かれても良くわからないし,各セクターを等分で分けるのもやっぱり変とも思います.

 

今まで一度もセクター別のバランスに関して調べたことも無かったため,とりあえずのとっかかりとして,自分の現在の投資スタンスに合致する高配当ETFと比較してみました.

 

f:id:cgogohero:20170625231507p:plain

 

 

ポートフォリオ

高配当ETF (VYM)

参考にするETFは,Vanguard社のHigh Dividend Yield ETF (VYM) です.

このETFは,

米国の大型株の中で,予想配当利回りが市場平均を上回る428社に投資しています.

 

下記の上位10社で全体の30.5%を占めています.

 

f:id:cgogohero:20170625223603p:plain

 

ずらりと並んだ優良銘柄!

 

VYMのセクター別割合

セクター別割合です.

f:id:cgogohero:20170625224631p:plain

f:id:cgogohero:20170625224621p:plain

消費財,金融,ヘルスケア,資本財,テクノロジーがそれぞれ10%を超えています.

石油・ガスの割合が少し下がっていますが,これは同セクターの株価の下落によるものでしょうか?

 

 

C55のポートフォリオと比較

自分のポートフォリと比較してみました.

f:id:cgogohero:20170625225406p:plain

 

当然ながら,外側がC55,内側がVYMです.

一般消費財とヘルスケアが突出しているのが一目瞭然です.

JNJとMOが2本柱になっているので当然ですね.

 

議論の余地は大きいかも知れませんが,PFFは便宜上金融に分類しています.

 

グラフの元データで比較してみます.

  VYM C55
Basic Materials 3.6% 4.4%
Consumer Goods 15.3% 39.1%
Consumer Services 6.0% 3.6%
Financials 13.2% 7.2%
Health Care 12.9% 35.5%
Industrials 12.8% 2.2%
Oil & Gas 8.9% 0.0%
Technology 14.4% 3.6%
Telecommunications 4.7% 4.3%
Utilities 8.2% 0.0%

 

具体的な数字をみると,Financials, Industrials, Oil & Gas, Technology, Utilitiesが弱いのがわかります.

 

今後米国株を買い増すとしたら,上記のセクターを優先的に選ぶべきでしょうか?

 

5%の配当利回りとなった,VZやTを候補に挙げていましたが,通信分野の比率はもう十分かもしれません.

 

悩みどころですね・・・.

 

 

まとめ

長期投資を行う上で,ポートフォリオのセクター別バランスを確認してみました.

 

「高配当連続増配株へ投資して,配当金を月10万円得る」とういのが,現在の投資方針なので,VYMを参考にしてみました.

 

結果,Financials, Industrials, Oil & Gas, Technology, Utilitiesの保有割合が少ない,もしくは保有していないことが明らかになりました.

 

保有株を売って,違うセクターに再投資する,いわゆるリバランスを行うことは考えてはいません.

今回明らかになった弱いセクターへの新規投資を行うことで,セクター別バランスをとっていく方針です.