C55 40代の資産運用,投資ブログ 

米国株を中心に,40代の資産運用,投資について書いています

日本の優先株は? 利率5%超,iシェアーズ 米国優先株式 ETF (PFF)から分配金.

日本の優先株は? iシェアーズ 米国優先株式 ETF (PFF)から分配金.

5%超の分配金利率でおなじみのPFFから分配金をいただきました.

日本で発行される優先株について調べてみました.

 

 

 

f:id:cgogohero:20170312232444p:plain

日本の優先株は?

優先株は,議決権を与えない代わりに配当額が通常よりも多いという特徴がある株式です.日本ではなじみが薄い感がありますが,おーいお茶の伊藤園が優先株を発行しています.

証券コードは,伊藤園 (2593)に対して伊藤園第一種優先株は(25935)となっておりますのでご注意ください.

 

伊藤園の配当は?

下のグラフは普通株並びに優先株の配当金・配当利回りの推移を表したグラフです.伊藤園のホームページより抜粋しました.

f:id:cgogohero:20170312230235p:plain

 

優先株には普通株に対し10円の配当の割り増しがあります.

おおよその配当利回りは,3月10日時点での株価で計算すると

普通株 株価 3910円 配当額 40円 利回り 1.02

優先株 株価 2041円 配当額 50円 利回り 2.44

となっています.

 

優待に関しては普通株,優先株どちらとも100株で1,500円程度の自社製品がいただけます.

権利の確定は四月末日です.

 

日本唯一の優先株 伊藤園に投資する?

優先株ということでC55も投資を考えた時期がありましたが,上記のグラフのように連続増配ではない点,配当利回りもこのところ3%を下回っている点から投資を見送っています.

 

どうでもいいことですが,C55は伊右衛門派です.

 iシェアーズ 米国優先株式 ETF (PFF) 

前置きが長くなりましたが,金融株を中心とした優先株で構成された,iシェアーズ 米国優先株式 ETF (PFF)からの分配金です.

さすが高配当の米国です.

PFFの利回りは5%を超えています.

 

これを考えると伊藤園の優先株はやはり物足りないですね.

 

配当金額は?

C55は妻の口座と併せて

204株

一株あたり 0.19193ドル

計 34.75ドル(税抜き後)

をいただきました.

(NISA口座と特定口座が混在しています)

 

PFFに対する投資方針

PFFの魅力はなんと言っても5%を超える利回りと,毎月分配金がいただけることです.

 

配当重視の米国株投資家としては外せない銘柄です.

楽天証券NISA口座での海外ETF手数料無料を利用して,コツコツと買い増ししていきます.

 

非常に魅力的な銘柄ですがちょっとした疑問もありますので,後日検証して記事をアップしたいと思います.