40代の資産運用,投資ブログ 

米国株を中心に,40代の資産運用,投資について書いています

嫌煙家こそ,JT日本たばこ産業(2914)に投資すべき3つの理由

こんにちは,C55です.

 

先日は上の子の小学校の卒業式でした.

 

卒業式と言えば,我々の世代は “仰げば尊し” かなと思いますが,

今は,”旅立ちの日に” なんですね.

 

いい歌でした.

お父さんは感動してウルウルしました.

 

全国の親御さん,卒業おめでとうございます.

子供や孫の成長を見るのはとてもうれしいですね.

我々も親としてともに成長していきたいです.

 

さて子供の卒業で話を始めたくせに,今回の内容はタバコです.

 

f:id:cgogohero:20170317235751p:plain

受動喫煙による健康被害

C55は嫌煙家です. 

自分も若かりし頃,タバコを吸っていた時期もありましたが,大学生時代には止め,以来20年以上吸っていません. 

タバコを吸わない者としては,タバコのにおい,毒物をいっぱい含んだは苦痛以外の何物でもないです.

タバコを吸われた後のお口とキスをするのは,ある意味拷問です(どんな状況だ?). 

 

歩きタバコにポイ捨てなど,喫煙者のマナーに対する嫌悪感もあります. 

 

そして最大の嫌悪感の理由は.受動喫煙による健康被害ではないでしょうか? 

 

厚労省研究班は,「受動喫煙によって、肺がん、虚血性心疾患、脳卒中、乳幼児突然死症候群で死亡する人は、年間15,000人と推計された」と発表しています. 

 

1.5万人!! 

 

さすがに,ちょっと多すぎやしないかと思います. 

アンケートや様々な仮定をもとに推計された数字だということですが, 

飲食店での全面禁煙を認めさせたいという厚労省の思惑も含まれた数字かな? 

 

いずれにせよ愛煙家にはつらい状況が続きます. 

 

嫌煙家こそ,JTに投資すべき3つの理由

友人と話していると,「JTなんぞ病気や公害をばらまいている会社だから潰してしまえ」と,過激なことを言っている人もいます. 

そんな友人に対してC55は,「JTの株主になったら?」と説いています.

 

1.JTは積極的に分煙への取り組みをしています.

https://www.jti.co.jp/tobacco/bunen/index.html 

公共の場においては完全禁煙ではなく,きっちりと分煙すればいいのではと思います.受動喫煙による健康被害は確かにあると思いますが,アルコール飲酒による事故,アクセルとブレーキを踏み間違えたことによる事故などと比べ,直接的な因果関係は少ないのでは?

受動喫煙による死亡者が年1万5千人もいるからタバコを無くせという理論が成り立つならば,アルコールや自動車は・・・.

喫煙者だけでなく非喫煙者も助かる分煙の取り組みに積極的に関わっている企業ですので応援しましょう.

きっちりと分煙が進めば,愛煙家の皆さんも肩身乗せまい思いをせずに,タバコを吸い続けられます.

 

2.煙やにおいが少ない電子タバコへの投資になる 

嗜好品はやめられません.

C55も,朝一杯のコーヒー,仕事終わりの缶コーヒーなど,ほぼ習慣化しています.

愛煙家の方々にとっては,タバコはやめられないのです.

そこは十分に理解します.

JTは電子タバコ,PloomTECH(プルームテック)を販売開始しました.C55はまだ見たことがありませんが,周囲へのにおいや煙の拡散はほとんど無いようです.

電子タバコの健康への影響はまだ不明ですが,少なくとも吸わない者にとっては周囲への影響が少なくなるのは大歓迎です.

 

3.タバコを吸っている人に寛容になれる 

タバコの消費イコールJTの収入,そしてそれは配当への原資になっていくわけです.

確かに目の前でプカプカされたら腹が立ちますが,喫煙所や分煙がキッチリとされた場所で美味しそうにたばこを吸われている方を見ると,

 

ありがとうございます.

決して無理をせず,末永く喫煙を続けてください. 

 

と思うようになりました.

単元株の100株を購入すると年14,000円 税を引くと約12,000円弱の配当をいただけます.

月に約1,000円

D-マガジンの購読に使えますね.

 

この点がJTの株主になることをお勧めする最大の理由です. 

 

問題点 

銘柄がMarlboroだったら?

外国製のタバコはJTのタバコ以上に臭い! 

これははっきり言って大迷惑です.

追い出してしまえ!

 

 

と言いたいところですが,

同じ理屈で,米国株Philip Morris(PM)を買えばいい.

4%を超える高配当株ですし,日本の電子タバコではPhilip MorrisのiQOS(アイコス)がリードしています.

 

ということで,真の嫌煙家の方には全く聞き入られてもらえないであろう内容でしたが,C55はJTの株主になったことで,喫煙者に対して寛容になれました.

 

まとめ

嫌煙家こそ,JT日本たばこ産業(2914)に投資すべき

です.

 

開示:JT 400株 PM 保有なし